政態観察ブログ版                       http://watchp.exblog.jp/


since 2004/09/04  copyright Mr.N 2004
カテゴリ
安倍内閣
政治屋(家)観察
小泉首相観察
みN日誌
アジアな日々
雑誌浅読み
stop the koizumi
the false news
out of Politics
選挙区情勢
カット(非公開)
links
最新のトラックバック
今日のつれづれ
from 今日は当たるか?
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
小泉政権から安倍政権へ・..
from pepeの部屋。リターンズ.
今あえて「AAA植草一秀..
from 雑談日記(徒然なるままに、。)
タグ
(20)
(9)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
06/01/16 ライブドア強制捜査 自民は知らんぷり?
b0021302_21443526.gif

 夕方飛び込んだニュース。ご存知の通り、ホリエモンのライブドアが東京地検特捜部に強制捜査を受けた。報道によると、関連会社ライブドアマーケティング(当時バリュークリックジャパン)が04年にマネーライフ社を買収した際、虚偽情報を開示し、虚偽の決算を公表していた証券取引法違反(風説の流布など)の疑いがあるとのこと。何のこっちゃ、よくわからないが、特捜部が入ったってことは相当やばいんだろう。
 衆院選では亀井静香に対する自民党側の刺客となり、衆院選後も改革の旗手として自民党のアドバイザー的存在だったホリエモン。なのに武部幹事長ら党幹部は無関係を装っているらしい。
 くしくも明日は耐震強度偽装問題で小嶋ヒューザー社長の証人喚問がある。通常なら明日の朝刊は、各紙とも「きょう小嶋氏喚問」でそれなりの扱いをしたはず。しかし、今回のビッグニュースで、各紙トップは全紙、「ライブドア強制捜査」となる。1面も社会面もだ。ヒューザー小嶋の証人喚問は、いずれ伊藤公介、森派そして自民本体へと世論の矛先が向かう。とりあえずホリエモンの事件を派手に扱ってくれれば証人喚問の視聴率も下がる…なんてせこい計算をしたのかどうか。ただ、「ホリエモンと自民とは無関係」なんて世間が思ってくれるとは限らないわけで、自民にとっても危ないカケ。どっちみち世間を甘く見てるってことだよね。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-16 22:05 | 政治屋(家)観察
06/01/15 シネマな日々
b0021302_2157923.jpg 便利な世に中になったと思う。たとえばこの連休、仕事柄決して土日がいつも休みってわけじゃないが、今回はたまたま、ネットで映画を2本視聴した。「パソコンテレビGyao」というサイトで、無料で利用できる。見たい映画が常にあるわけじゃないが、まあタダだし。
 で、見たのは「ペイン」=写真㊤と「モニカ・ベルッチ ジュリア」=同㊦。前者はサイコサスペンスで後者はエロティックブラックコメディ。言うほどサイコでもブラックでもなかったが、偶然、両作品ともラストがエグかった。「ジュリア」は趣味じゃなかったが、小泉劇場よりはマシかな。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-15 22:12 | out of Politics
06/01/14 チルドレンはやっぱりチルドレン
b0021302_2393498.gif

 小野次郎氏ら小泉チルドレン5人が呼びかけ人となって、「無派閥新人サロン」(仮称)を作るらしい(asahi.com)。で、何をやるのかと思えば、国会日程や冠婚葬祭への対応などで情報交換をするのだそうだ。う~む、チルドレンはやっぱりチルドレン、発想が幼稚。個人事務所で十分対応できることなのに。新人とはいえ国会議員、政策を磨け政策をと言いたくなる。だいたい、こんなことをいちいち報道するほうもどうかしている。あ、それを取り上げるこっちも同じか…。
 そもそも、チルドレンたちは当選と同時に立派な派閥を結成してるんだった。「小泉ネバーランド」という名前の。あ~あ、馬鹿らしい。
 ところで勧誘メールを送られただろうタイゾー君やサツキちゃんの返答やいかに。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-14 23:24 | 政治屋(家)観察
06/01/13 サメの総裁論
b0021302_4335126.gif

 「選挙に勝てる総裁はあまり意味が無い」。小泉首相が示した後継条件に、珍反論した森前首相。サメの脳みそと言われただけのことはあるが、参院選で自民単独過半数はないとの読みらしい。森の言うところのエース安倍を温存しつつ、国政選挙でほどほど勝つ-とはなんとも余裕と言えばいいのか、野党がなめられてると言うべきなのか。
 それにしても総裁候補とされる麻垣康三たち、「あんたに寸評などされたくない」ってのが本音だろう。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-13 04:27 | 政治屋(家)観察
06/01/09 そんなだからポチと言われるんだろ!
b0021302_1341350.gif

 7日、横須賀女性殺害事件の米兵がようやく逮捕された。事件が発覚した5日だったか小泉首相のコメントは実に情けないものだった。いろんなブログが取り上げているが、再録すると
「極めて遺憾だ。こういう犯罪行為が起こらないよう米軍は規律の保持を厳正にしていただきたい」。「(日米地位協定の改定に関しては)今は考えておりません」。
 殺人者である米兵の身柄引き渡しを要求する言葉は、これっぽちもなかった。大方、イスラエル訪問でどう外交手腕をアピールするか、ってことしか頭に無かったんだろう。それもシャロン首相重篤でぽしゃったが。
 さて、横須賀事件で翳んでしまったが、八王子で児童3人をひき逃げした女性米兵事件。「公務」ってことで釈放されたまま。ひき逃げが許される公務なんてあるわけないだろ。ブッシュ大統領と盟友だって言うんなら、とっとと身柄を要求してみなさいってんだよね。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-09 01:48 | 小泉首相観察
06/01/06 麻垣康三あらため麻垣拓三?
b0021302_4302546.gif

 「私も自らが総理総裁になった場合には何をやるかということだけは明確にしておきたい」。5日、なんとヤマタクが総裁選出馬に意欲を示した。同日、外遊中の麻生外相も同様に意欲を示し、さらには安倍長官も「人生そうチャンスはない」とついに色気を出した。小泉院政の下では福田康夫元官房長官のチャンスはないとなると、ポスト小泉は「麻垣拓三」になるのかね。財界から可能性ゼロと散々の谷垣財務相もヤバイとなると、「麻中拓三」かも。「中」はもちろん竹中平蔵ね。
 くしくも同日、総裁選を国民投票ショー化する旨指示を出した小泉首相。「枯れ木も山のにぎわい」劇場を観劇するほど暇じゃないんだよこっちは。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-06 04:41 | 政治屋(家)観察
06/01/05 3夜連続「古畑任三郎」
b0021302_0114794.jpg 小泉自民圧勝後、なんとなく政治の話に身が入らない。「未だにかよ」と突っ込まれるかもしれないがしょうがない。で、今楽しみにしているのが昨夜(3日)から始まった古畑任三郎ファイナルを見ること。仕事やら風呂やらで放映時間中は見れないので全部録画。明日の夜勤後、一気に見るつもり。
 それにしても2晩目の今日(4日)は危なかった~。昨日と開始時間が違うじゃねーか。風呂に浸かっているとき嫌な予感がしたんだよな。虫の知らせというやつ。こういう時言わないか。バスタオルに身を包み(中年男性のこういう姿はみっともいいものではないが)、番組欄をチェックしたら案の定、初日より40分ほど早い。慌ててパソコンの電源を入れたが、出だし数十秒ほど欠けちゃいました。
 
b0021302_021313.jpgテレビと言えばもう一つ。昨晩、日テレだったか「太田光の私が総理大臣になったら…」を少しだけ見た。爆笑問題のやつね。「小泉チルドレンはテレビに出すな」って意見、いやよかったね。後は見てないけど録画しておけばよかったか。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-05 00:25 | みN日誌
06/01/04 小泉ナルシスト年頭会見 
b0021302_23345088.gif 今年も彼の戯言政治が続くのだと憂鬱になった年頭会見。相変わらず靖国問題を「心の問題」として中国・韓国を批判。当方は単なる中年リーマンだが、「こころ」を軽々しく口にするやつほどハートが薄っぺらってことは経験的にわかる。「レイプ・遊学疑惑」はもとより、離婚時、妻の胎内にいた三男が成人となり会いたがっても拒否した男というから。
 さて自身の後継者について、「国民からの支持を得ることは極めて大事」とくっちゃべっていた。これは昨秋の衆院選以降の高支持率に酔っているだけ。自分への賛同が得られないときは、「世論に従って政治をすると間違う場合もある」「改革の芽が出てきたのを国民が潰してしまうのか」なんて平気で言っちゃう男なんだから。
[PR]
by watching-politics | 2006-01-04 23:53 | 小泉首相観察