政態観察ブログ版                       http://watchp.exblog.jp/


since 2004/09/04  copyright Mr.N 2004
カテゴリ
安倍内閣
政治屋(家)観察
小泉首相観察
みN日誌
アジアな日々
雑誌浅読み
stop the koizumi
the false news
out of Politics
選挙区情勢
カット(非公開)
links
最新のトラックバック
今日のつれづれ
from 今日は当たるか?
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
小泉政権から安倍政権へ・..
from pepeの部屋。リターンズ.
今あえて「AAA植草一秀..
from 雑談日記(徒然なるままに、。)
タグ
(20)
(9)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
05/06/09 恫喝にならないのか
b0021302_17112281.gif
 報道によると、「法案が廃案になるような事態になれば解散総選挙の可能性がある」「郵政民営化の是非を巡り選挙になれば、それを基準に考える」と会見で述べた神崎武法代表(公)。
 公明がいつから郵政民営化賛成論者になったのか知らないが、自民が割れちゃ困るってのが本音。一小選挙区あたり2~3万票とも言われる学会票。前回僅差で当選した自民議員らには決して無視できない数字。となれば、こりゃ反対派自民議員に対しての恫喝以外の何物でもないわけで。
 ことの重大性がいまだ世間には呑み込めてない民営化。政策論争を封じ込めようってのは穏やかじゃないやね。

b0021302_17361225.gif 話は変わるが、政府税調の給与所得控除や配偶者控除、退職所得控除などを縮小するという原案。こりゃなんだ? 財政が苦しいから取れるところから取るなんて安易な策しか浮かばない税調の存在意義って何だ? 諮問している政府(首相)がまず、官の無駄遣い、優遇を徹底的に排除し、さらに歳出削減を図り、はたまた議員年金優遇を見直すというのが先だろ。財政危機を招いた悪政のツケをサラリーマンに押し付けるとは本末転倒。「サラリーマン新党」なんて昔あったが、こういう声を代弁してくれる政党ってのはないものか。と愚痴がこぼれる今日この頃。
[PR]
by watching-politics | 2005-06-09 17:39 | 政治屋(家)観察
05/06/08 外交が立ち行かないわけだ
b0021302_0291131.gif
 今回の子供の喧嘩、発端は中国の呉儀副首相ドタキャン騒動。「町村外相は事前に知っていたはずだ」とする野田毅元自治相に対し、「中国の要人に無用にごまをする人がいるから日中関係がおかしくなる」と批判した町村。これに怒った野田は「外相が一番冷静にならなければならない。このままでは日本外交はダメになる」と反撃。
 「国家の罠」(佐藤優著)を読んでる最中のせいか、こういう人たちが日本外交を動かしてることに笑えない今日この頃。

>町村外相が14日…
[PR]
by watching-politics | 2005-06-08 00:36 | 政治屋(家)観察
05/06/04 郵政族に小泉反旗の意思なし
b0021302_243853.gif
 3日の衆院郵政特別委、野田聖子議員が質問に立つってことでそれなりに注目。言うまでもなく民営化反対派の急先鋒で、法案採決なら造反するとまで明言していたわけだが。果たして小泉首相との直接対決は拍子抜けだった。きつ~い一発を浴びせるわけでもなく、あげく「民営化を進めるのはためらいがある」ときた。これじゃ、いずれ進めてもいいよって言ったも同然。
b0021302_2432620.gif
 そして彼女が質問に立っていたころ(かどうか知らないが)、同じく反対派のドンとされる綿貫民輔郵政事業懇話会会長は衆院事務局長を訪問。政府案に対抗する「日本郵政公社改革法案」を議員提出法案として受理するよう申し入れた。が、「おお、与党内対決だ」なんて騒がれるはずもなく。慣例で党、会派の了承なき国会提出は許されていないってこと、だれよりも前衆院議長であらせられる彼がよく知っている。で、いみじくも記者団に語ったのは、「意思表示だけはしておいた」。
 要するに民営化反対は、世論向け、支持者向けのポーズに過ぎないってことが、たった半日で露呈してしまったというわけ。民主党諸君、こんな自民党反対派と手を組むなんてナンセンス。本気で首相と対決する意思などない連中なんだから、土壇場で裏切られるのがオチだよ。
[PR]
by watching-politics | 2005-06-04 02:40 | 政治屋(家)観察
05/06/02 自民は永遠に不透明金権体質
b0021302_1481419.gif
 31日、日歯連ヤミ献金事件で臼田前会長に有罪判決が出た。同日の会見で武部幹事長は「厳しく受け止めないといけない」としていたが、同時にこうも言っている。「違法な迂回献金については調査したが、党内には無かった」と。
 党内調査? 自称改革政党の自民だけに第三者機関がやった信頼できる調査なんだよね。え?党職員だけ?やっぱり?
 そもそも「迂回献金が無い」なんてだ~れも信じちゃいない。ことは旧橋本派だけじゃなくて、小泉首相の出身派閥森派のモチ代・氷代だって、庶民は怪しいと知っている。でも解明も無理とあきらめている。「こと金権政治に関しては自民政権じゃ変わらない」という倦怠感。それをふっとばすことが第一に求められているのが野党民主。国会に復帰した以上、日歯連ヤミ献金追及を忘れてはいけない。


 ときに武部幹事長、1日の民放収録でこう発言。「日中関係は大事だが、靖国で誰からもあれこれ言われる筋合いではない」。先日の訪中時と違って威勢のいいこと。やっぱり「内弁慶外交」だね。
[PR]
by watching-politics | 2005-06-02 14:27 | 政治屋(家)観察