政態観察ブログ版                       http://watchp.exblog.jp/


since 2004/09/04  copyright Mr.N 2004
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
安倍内閣
政治屋(家)観察
小泉首相観察
みN日誌
アジアな日々
雑誌浅読み
stop the koizumi
the false news
out of Politics
選挙区情勢
カット(非公開)
links
最新のトラックバック
今日のつれづれ
from 今日は当たるか?
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
小泉政権から安倍政権へ・..
from pepeの部屋。リターンズ.
今あえて「AAA植草一秀..
from 雑談日記(徒然なるままに、。)
タグ
(20)
(9)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
05/04/14 橋本派、堀内派合併構想が浮上!?
b0021302_012085.jpg
 【パロディ・14日=みすた~N】12日夕、堀内派と旧橋本派の若手参院議員の会合に訪れた青木幹雄参院議員会長は、同席した古賀誠元幹事長に旧橋本派と堀内派の合併を申し入れた。関係者によると古賀氏は「前向きに考える」と応諾し、永田町にまたひとつ派閥版M&Aが成立する見通しとなった。
 両者が合併の方向で一致した背景には、旧橋本派は日歯連1億円ヤミ献金事件で橋本龍太郎元首相が派閥会長を辞任、現在まで会長職が不在状態となっており、一方の堀内派は堀内光雄会長をはじめ幹部が党内人事で冷遇されているなど、現況のままでは両派ともジリ貧状態を脱せられないという危機感があるものと思われる。
 合併が成立した場合、問題となってくるのは派閥の名称。「平成宏池会」がもっとも有力な案だが、堀内派の一部議員は喧嘩別れした小里派へのライバル意識から、「平成本家宏池会」とするべきだと主張しているという。

以上はパロディニュース(続きをどうぞ)
[PR]
by watching-politics | 2005-04-14 00:34 | 政治屋(家)観察
05/04/13 で竹中担当相不信任案はどうなる?
b0021302_481847.jpg
 竹中郵政担当相の衆院委ドタキャン問題。12日の議運委理事会で陳謝したのは細田官房長官。どうやらこれで国会は正常化するらしい。
 ところで本人からの明確な経緯説明なり陳謝なりはあったのか?鉢呂国対委員長が6日の会見で言っていたとおり、欠席はある意味、憲法違反。「審議拒否は時代遅れ」などというトンチンカンな与党批判に臆することなく、民主は不信任案を出すべきだろ。衆院補選も告示されたことだし、見せ場を作らなきゃね。
[PR]
by watching-politics | 2005-04-13 04:20 | 政治屋(家)観察
05/04/12 サマワ電撃訪問また浮上?
b0021302_422311.gif 昨日発売の週刊現代から。「郵政民営化+親族スキャンダルで小泉政権『内ゲバが始まった!』 出所した元義兄の裁判記録をスクープ入手」てな見出しが躍る。
 でも興味を引いたのはスキャンダルではなく、「サマワ電撃訪問の極秘計画」との項目。消えては出てくる話題だが、文中森派幹部によると「小泉はずっとサマワ訪問に未練を持ってきた。森前首相が『もうあきらめなさい。行っても支持率アップにつながりませんよ』と諫言したのに、断念しなかった」とのこと。森のオソマツにしては冷静な読みだなあと感心。

追記
[PR]
by watching-politics | 2005-04-12 04:34 | 雑誌浅読み
05/04/10 本音が出たミニモリ中川
b0021302_2359403.jpg よほど国会対策にイライラしているらしい中川秀直国対委員長(イラストは似ていないが…)。
 「民主党が今後も審議拒否や竹中氏の不信任案をぶつけてくるなら受けて立たざるを得ない」。6日の衆院財務金融委そして衆院内閣委の参考人聴取など相次いで大量欠席をした自民党議員。現役政策秘書氏にもコメントをいただいたが、これらも立派な審議拒否。ミニモリ(ミニモニではありません)に文句を言われる筋合いなどないんである。
 「竹中氏がこんな大事な時期に国会をドタキャンするわけがない。少数党の横暴を許すのは多数の意思を軽んじることになる」。そもそも「ドタキャンするわけがない」と強弁するその理由を聞かせてもらおうじゃないか。「出席することになっている」ことを国対委員長ともあろうものがお忘れになったわけじゃないよね。それに少数意見を尊重するのは民主主義のイロハだが、もとより自民党諸兄にそれを期待するのは無理。「数さえあればなんでもできる」「自民党による自民党のための政治」をやりたい本音が出ちゃったようで。女性問題でしか話題を取ることができなかった政治家のまたひとつ性癖いや「政癖」を垣間見た感じで、いや~な気分だね。
[PR]
by watching-politics | 2005-04-11 00:21 | 政治屋(家)観察
05/04/07 久しぶりテレビ出演だったのに
b0021302_15361875.jpg
 昨日のテレビ出演でも小泉首相の政治手法を批判したという亀井静香元政調会長。新聞の政治面ではベタ記事にもなってない。反小泉の代表格なのに、郵政族に食われちゃってる。このままじゃ「亀井スネ夫」か。

追記
[PR]
by watching-politics | 2005-04-07 15:43 | 政治屋(家)観察
05/04/06 議員歳費削減は貧政のお詫びでしょ
b0021302_14343335.jpg 民主が国会議員歳費削減継続法案を出すことに与野党から批判が出ているようだ。おかしな話だ。
 各種社会保険料アップ、定率減税縮減などなど庶民いじめは続けるくせに、歳費削減は貧政のせめてものお詫びと思ってもらわなきゃ。衆参722人。月9万円で年間でざっと7億8000万円。結構な額だぜ。あれ?計算間違い?
 さて川崎二郎議運委員長(自)。法案に乗らない理由が、「選挙目当てがあってはならない」。発想が勘ぐりっぽい。わけがわからないのは自民某国対幹部。ミニモリ中川あたりだろうか。「事務次官の給与と格差がある状態が続くのは、どこかで是正しなければ」。どういう理由だ?規定にあるんだったら、次官も下げろってのが庶民感情。
 で共産某幹部。「パフォーマンスだ」って、あなたの党こそ率先して出すべきだろ。野党で足を引っ張り合ってどうすんだ。

追記
[PR]
by watching-politics | 2005-04-06 14:48 | 政治屋(家)観察
05/04/05 ザ・ユービンキョク・フィナンシャルグループ誕生でしょ?
b0021302_1245626.jpg

 郵政民営化法案。政府案を裁定した小泉首相。不快感を示した郵政族のドン綿貫。一見ものすご~い火花を散らしてるように見える。
 でも貯金・保険のユニバーサルサービスもあるし、グループ内の株式持合いも完全売却後にはなぜか許されるという不可思議な内容。さらに資産譲渡益課税や固定資産税の減免も盛り込まれるという話。何より完全(不完全か?)民営化に10年以上も費やすというスローペース。
 パッと見、素人だって随分と恵まれた民間金融だなあと思う。結局、民業圧迫の限りなく官製金融に近いスーパーフィナンシャルグループができるだけじゃないの。
 中身がこれなら、「名を残したい首相と実を取りたい族議員の利害一致。法案無修正提出で合意」なんてニュースが流れるのもそう遠くなさそうだ。
[PR]
by watching-politics | 2005-04-05 01:38 | 政治屋(家)観察
05/04/04 で、どうなる?
b0021302_4486100.jpg だそうだ。で細田官房長官いわくオフレコだそうだが、小泉首相は株式について、麻生総務相の一定割合保有論ではなく、竹中担当相主張の完全売却に乗るという。
 それにしても五反田の首相公邸前で記者団に取り囲まれた彼。寒風になびく乱れ髪に、なんだか哀愁を感じてしまった。描いていて可愛いとさえ思ってしまう。いかん何を言ってるんだ俺は。弱ってるのか…。もう眠ろう。
[PR]
by watching-politics | 2005-04-04 05:02 | みN日誌
05/04/02 無理やり郵政ドラマ化。視聴率は?
b0021302_1751383.jpg 「応援してくれた人と袂を分かってでも」「日曜日にまとまらなければ俺がやる」。
 本日2日付け各紙を賑わせた威勢のいい言葉はさておき、注目したのは次の言葉。「民主党が比較第一党になって、自民も民主も過半数が取れない時に、公明はどうするかな」「自民が割れなければ、民主は割れない」。いわゆる郵政解散後を見越したもの。昨晩ホテル西洋銀座での会食。「とにかく連立政権に入れるのなら自民でも民主でもどちらでも結構です」なんて本音を井上義久・公明政調会長が言えるはずも無く。しかし、自民が割れる前提で、民主までみすみす割れてまで小泉郵政民営化路線に付いていくと思っているのがおめでたい。
 そんなきな臭い空気が漂う昨日の永田町、民営化ドラマをわかっている二人を与野党から見つけた。一人身内自民から高村元外相。「国民は、蚊帳の中でドタバタ騒ぎをしている政府・自民党をだらしないととらえるだろう。解散となったら、蚊帳の外で傍観している民主党を利するだけだ」。
 そしてもう一人、野党はご存知豪腕オザワ。「自民党から了解を取らないで解散してどうするの。首相指名で過半数を取れるのでなければ、解散する馬鹿はいない。自民党は郵政民営化以上に解散には反対だ」。なるほど。
 さらにオザワ。「折り合う中身はしょせん改革とは言えないようなものだ。もともと中身がないんだから」。これに尽きる。
 最後に庶民からひとこと。定率減税縮小、保険料アップしながら議員歳費カット打ち切り、議員年金改革見送りとはまあ開いた口がふさがらない。何とかしなさいセンセイたち。

続きはありません。
[PR]
by watching-politics | 2005-04-02 18:16 | 小泉首相観察
05/04/01 首相急襲にオロオロのおふたり
b0021302_4333926.jpg
 いや電光石火の早業だった。
 飯島秘書官あたりからの電話を断る間もなく、首相が直々訪問。郵政民営化法案の週内取りまとめを宣言し去っていった彼に焦るドン青木。すぐさまオソマツ森に電話。首相からも電話を受けていた彼だが、埒が明かないとばかり官邸に駆けつけたが後の祭り。
 さて今回の電撃殺法。万博弁当解禁のようにうまくいくのか、少しは目の離せない政局になってきた。
[PR]
by watching-politics | 2005-04-01 04:45 | 政治屋(家)観察