政態観察ブログ版                       http://watchp.exblog.jp/


since 2004/09/04  copyright Mr.N 2004
カテゴリ
安倍内閣
政治屋(家)観察
小泉首相観察
みN日誌
アジアな日々
雑誌浅読み
stop the koizumi
the false news
out of Politics
選挙区情勢
カット(非公開)
links
最新のトラックバック
今日のつれづれ
from 今日は当たるか?
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
小泉政権から安倍政権へ・..
from pepeの部屋。リターンズ.
今あえて「AAA植草一秀..
from 雑談日記(徒然なるままに、。)
タグ
(20)
(9)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年 05月 09日 ( 1 )
05/05/09 民主党よ どこへ行く
b0021302_2212596.jpg
 党内若手から兄貴分と慕われているという川端達夫幹事長。研究職から政界に身を投じたという実直な彼個人をどうこう言う気は無い。が、幹事長ともなるとその発言は党のものとして注目される。
 「自民党でもしっかり勉強した結果、反対している人たちがいる。国会運営などにより場合によっては国会終了時の解散、総選挙もありうる」。これは8日の神奈川県連大会でのあいさつ。要するに郵政民営化法案で自民反対派と連携もありうるってこと。先日も言ったけど、こういう動きって非常にまずいんだよな。「法案は民営化のみが目的となった見せ掛けの改革だ」とも主張しているが、まったくその通り。なんだけど、それと反対派との連携は別次元の問題。反対派は嫌小泉で反対しているんであって、もはや政策ではない。「公社のままで」ってところは一致するのかもしれないけどね。ともかく、小泉首相の郵政民営化ばら色洗脳作戦が奏功し始めた今、それでは世論がついてこない。「民主党はあんな胡散臭い連中と結託するんだ」なんて敬遠されるのがオチ。
 郵政法案で本気で対決するのなら、何度も言うけれど、郵貯マネーと官権の繋がりを温存する小泉エセ改革を凌ぐスーパー民営化法案を出すしかない。でなければ、自民党内対決など傍観して黙って否決、そして他の国民関心事に的を絞ること。たくさんあるでしょ。

などと書いていたら、こんなニュースが
[PR]
by watching-politics | 2005-05-09 22:40 | 政治屋(家)観察