政態観察ブログ版                       http://watchp.exblog.jp/


since 2004/09/04  copyright Mr.N 2004
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
安倍内閣
政治屋(家)観察
小泉首相観察
みN日誌
アジアな日々
雑誌浅読み
stop the koizumi
the false news
out of Politics
選挙区情勢
カット(非公開)
links
最新のトラックバック
今日のつれづれ
from 今日は当たるか?
≪GOOD NEWS≫ ..
from エクソダス2005《脱米救国..
当面する最優先の政治課題..
from エクソダス2005《脱米救国..
小泉政権から安倍政権へ・..
from pepeの部屋。リターンズ.
今あえて「AAA植草一秀..
from 雑談日記(徒然なるままに、。)
タグ
(20)
(9)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
05/08/04 森派会長辞任って何のこっちゃ?
b0021302_1723875.gif

 森喜朗前首相の派閥会長辞任宣言が政界で大騒ぎとなっている。とメディアは騒いでいるのであるが。果たしてそんなたいそうな問題なのか?
 「首相ではなくなった純ちゃんを支える気はない」んだそうだが、今まで勝手に支えていたつもりになっていただけなんじゃないの。
 そもそも郵政法案で、自民党内が割れている根本原因が実は「森のオソマツ」本人にある、という自覚がないのが哀れ。首相時代、生来の統治能力の欠如や問題発言連発で自民党の信頼を一気に失墜させてしまった。が、その自民を救ったのは、皮肉なことに現首相の小泉であったことをお忘れのようで。小泉フィーバーに乗っかって、政策の一致よりも与党存続を優先した結果が、分裂を招いたわけだからね。小泉改革なるもののほとんどは、道路公団しかり特殊法人しかり、どれも中途半端で骨抜きばかりだったのに、「郵政」だけが、たまたま妥協の折り合いが付けられなかったってこと。
 で、「野党時代はどんなにつらく惨めだったか」(7月28日、派閥総会)としみじみ語る彼にとっては、与党でなければ政治家にあらずってわけ。「政治屋」の典型だが、こんな輩は自民にはゴロゴロいるから、下野するかもしれない現在の分裂はそりゃあ悲劇だよね。
 それにしても、こんな森のオソマツ遺伝子を継ぐ長男・祐喜(だったかな)氏が、お膝元石川県議補選に出馬するという。カンダウノらとの六本木ドンチャン騒ぎで週刊誌をにぎわせた過去も持つ彼だが、いずれ石川2区を継いじゃうのかねえ。
[PR]
by watching-politics | 2005-08-04 18:05 | 政治屋(家)観察
<< 05/08/05 これで一気に... 05/08/03 語るに落ちた... >>